アルコールストーブ自作の基本を解説!危険性と構造を知れば初心者でもできるアルスト自作のポイント

DIY

アウトドアと言えば焚火というのは今は昔で、合理性を求めた結果、アウトドアに求められる火器も多様化してきましたね。

シングルバーナーなどは兼ねてからよく使われていましたが、なかでも近年注目が集まっているのがアルコールストーブでしょう。

しかも最近は自作品も人気で、低コストでオリジナルのものを作れることから、初心者から上級者まで挑戦する方が増えていますね。

しかしアルコールストーブはあくまで火器なので、自作には当然失敗も伴うことから、危険もありますし、そもそもしっかり機能しない場合もあります。

そこで今回は、アルコールストーブの作り方から、自作する際に必要な基礎知識と、危険性も含めて解説します。

アルコールストーブとは

アルコールストーブは、その名の通りアルコールを燃料として、調理などの火口として使えるアイテムです。

機械的な構造はなく、燃料を注入し、着火するというシンプルさが魅力です。
持続性こそガス缶を使用する火器には劣りますが、比較的安く、軽く、故障しにくいことから人気を博していますね。

また、燃焼時の音が静かなので、特にキャンプ場での朝の雰囲気を壊さないことから、モーニングコーヒーを入れるときのためだけに、アルコールストーブを荷物に潜ませているという方もいます。

今回はアルコールストーブの歴史などについて語っても仕方ないので、早速自作する際にも重要になるアルコールストーブの仕組みと、なぜわざわざ元々安いアルコールストーブの自作が人気なのかという点について解説しておこうと思います。

これはぜひ作る前に知っておいてほしいので、作成方法に進む前にぜひ目を通しておいてくださいね。

アルコールストーブの仕組み

アルコールを燃料とする火器に、皆さん一度は見たことがあるだろうアルコールランプがありますよね。
同じように捉えられている方もいますが、構造的にはまったく異なるものなので、自作する際にはその違いも留意しておきましょう。

アルコールストーブの特徴として、アルコールが燃焼することで本体が温まり、熱せられたアルコールが気化して噴出し、その噴出したアルコールに火が付くことで高い火力を得られるという構造があります。

簡単に図解するとこんな感じです。

着火してしばらくは、中央の開口部、いわゆる「主室」でアルコール(が徐々に気化したもの)に火が付いています。

そして主室の炎によってアルコールストーブ本体が温まり、側面の「副室」から気化したアルコールが噴出します。

主室の炎が噴出した副室から出た気化アルコールに引火することで、中央と側面の炎が合わさり、アルコールランプのように単純にアルコールに火が付いているだけの火器よりも、効率的に燃焼し強い火力が得られるというわけです。

この段階を本燃焼ともいわれますね。

自作する場合もこれに準じた設計にしないと、ただコップにアルコールを入れて燃やしているのと変わらなくなってしまうので、この構造を理解して作成することはとても大切です。

アルコールストーブを自作するメリット

アルコールストーブは元々安いものなので、新しく工具や材料を揃えてしまうと、新品で市販品が買えてしまいます。
しかしあえて自作するには、もちろん工作が面白いという魅力もありますし、アルコールストーブの自作はメリットもあります。

昨今五徳が百円ショップで売られるなど、嬉しいことにアウトドア用品の多様化しています。
そんな中で火器をよりコンパクトに、便利なものにする場合に、アルコールストーブの自作はとても有効だといえますね。

例えば私の場合は、SOTOのテトラというミニ焚火台がとても気に入っていますが、サイズが小さいこともあり、実質的に固形燃料専用で、これに合うアルコールストーブも市販はされていませんでした。
ただお湯を沸かしたいといった場合に、固形燃料1つ燃やしてしまうのはもったいないと感じていたんですね。
そこで160ml缶を使ってアルコールストーブを自作することで、ヘキサの出番も多くなり、火口が増えたことで調理の幅も広がったんです。
私はミニストーブはあまり使わないのですが、ミニストーブも自作のアルコールストーブが活躍しそうなアイテムです。

もちろん「面白そう!」で作ってもいいのですが、せっかく作るなら、なぜアルコールストーブを作るのか、どう使いたいのかをしっかりイメージしておくと、失敗もしにくくなりますし、ただ作って終わりではなく、少し深い楽しみ方ができるかもしれませんね。

自作アルコールストーブの失敗例と危険性

ここからは実際作ることを仮定して、作成を進める中で気を付けてほしい失敗と危険性について解説します。

私も危ない事故というのがいくつかありましたし、オリジナルのものを作ろうとしたときに機能しないものもいくつか作ってしまいました。

他にも注意点はあるかと思いますが、特に私の注意している点について解説します。

燃料漏れによる爆発的燃焼

私がやってしまった失敗で一番危なかったのは、やはり燃料漏れですね。

アルミ缶などをかぶせて作るため、どうしても裂けてしまったり、割れてしまったりということはあり得ます。
そこからアルコール燃料が漏れると、火を点けたときに爆発的に燃焼したり、周囲に燃え広がったりすることもあります。

燃料用アルコールは人体に悪影響がありますし、漏れたアルコールに引火した場合、消すのが厄介なので、ぜひ注意してほしいポイントの一つです。

自作品を使用する場合は、消火器の用意と、台は絶対に燃えない素材のものを使用し、できれば漏れたときに広がってしまわないよう金属のトレーの上などで着火するようにしましょう。

不要な高火力

アルコールを燃焼させたとき、炎が見えにくいという特徴があります。
昼間ではほぼ見えないほどなので、取り扱いは注意しなければいけません。

それはどのアルコール火器でも同じなのですが、自作品の時に特に注意したいのが、不要な火力で思わぬところまで火が噴いていたり、思わぬところまで熱してしまっている場合です。
例えば鍋を乗せたときに、火力が強すぎれば鍋の外を覆うように炎が回りますが、アルコールの炎は見えにくいので、やけどの危険があったり、持ち手にタオルなどを掛ければ発火のリスクもあります。

作ったら必ず一度はどれぐらい火が回るのが確認し、あまりに火力が強いようなら使用しない判断も必要になります。

アルコールストーブとして機能していない

先ほどもちょっと触れましたが、アルコールストーブは気化して噴出したアルコールに引火して、はじめてアルコールストーブとして機能します。

基本的な構造を理解して作らない、もしくは無理な構造にしてしまうと、それが機能しなくなり、火が付かなかったり、コップにアルコールを入れて火を付けているのと同じになってしまいます。

それではアルコールストーブである意味がなくなってしまうので、これから紹介する作り方の中のポイントをチェックして作ってみてくださいね。

筆者が行ったアルコールストーブの作り方

では基本と注意点がわかったところで、私の自作アルコールストーブの作り方をご紹介します。

あくまで筆者の基本の作り方を紹介しているだけで、かならずしもこうしなければいけないというわけでもないですし、よりいい方法もあると思うので参考までに。

また、なるべく安全に留意して作業していますが、あくまで筆者が作って成功した方法ですので、だれが作っても成功するとは限りません。アルコールストーブは火を使う危険なものという認識を忘れずに、自作する場合は最大限の安全対策を行って作業し、少しでも違和感があれば使用しないこと。また、使用時も万が一の事故に対応できる設備と心構えをもって使用してください。

材料の用意

今回作る自作アルコールストーブの材料は、ジュースなどのアルミ缶です。

作るサイズにもよりますが、2~3個あれば作ることができます。

今回は160ml缶2つ使用して作っていきます。

今回の作り方の場合、底側のヘリがへこんでいるものが使いやすいですね。

ジェット孔と呼ばれる穴を空けるのですが、へこんでいる方が上方向へ火力が集中しやすく、副室を作るための内壁も取り付けやすいからです。

また、素材として薄すぎるものは、組み立てや持ち歩いているときに裂けてしまうリスクが高いので、できればアルミの厚みのあるものがおすすめです。

※ちなみにこのコーラの缶、今回初めて使ったのですが、表面がコーティングされていて、落とすのが大変だったので、アルスト作成にはお勧めしません。中身は美味しかったです。

必要な工具類

アルコールストーブを自作する場合、缶を切り、切り口を処理し、穴あけする作業があります。

どれをどこで使うかはこれから説明する作業手順で説明しますが、筆者は以下のアイテムを用意しています。

  • カッター(大きいタイプ)
  • ハサミ(金属対応の物)
  • コンパスカッター
  • ラジオペンチ
  • ピンバイス(1~1.2mmがおすすめ)
  • 紙やすり(600~1000番)
  • 軍手・ゴム手袋
  • 安全眼鏡(破片や燃料が飛ぶ可能性があるため)

①缶をカット

まずは缶をカットし、外装になるパーツを作ります。

上下2つ用意しますが、それぞれ同じサイズにしています。

高さがあればその分たくさん燃料を入れられますが、着火点が奥まってしまうので火が消えやすく、本燃焼までも時間がかかります。

今回は缶自体も小さく、コーヒーが沸かせれば十分なので、おおよそ3㎝としました。

カットする場合は、マーキングしてハサミで切るのもおすすめですが、なにか台を作って、そこにカッターを当て、缶を回すことできれいに線を引けます。

繰り返し回すことで切れ目を付けて、そこから割くようにカットするときれいに切れます。

缶をカットするときは、切り口が大変鋭利になるので、ケガ防止のために軍手を着用は必須です。(筆者もこれを作っているときに軍手を忘れてケガをしました…)

②缶Aの底に穴あけ

2個切り出したうちの1つを上側に来るものとして、加工していきます。(缶Aとします)

缶Aは切り口がキレイで、へこみのないものがいいですね。

最初に火をつけるために、主室となる穴を空けていきます。

すり鉢状になっている部分のセンターを割り出して、中心にコンパスカッターを刺します。

センターの出し方はさまざまですが、ど真ん中でないと機能しないわけではないので、だいたいでセンターを出しています。

穴の大きさはなるべく大きいほうが、本燃焼に入るまでに火が消えにくくなります。

160ml缶の場合は2.5~3㎝、350mlや500ml缶の場合はだいたい直径3~3.5㎝程度にしています。

コンパスカッターである程度しつこく傷を付けて、裏側から見てラインの痕が見えるぐらいになったら、コンパスカッターを刺した穴を広げて、ラジオペンチでめくるように広げていくと、コンパスカッターの痕に沿って底をはがして穴を空けることができます。

この穴は手に触れやすいので、切り口はしっかり紙やすりで角を丸めて、指を切らないように処理します。

③缶Aの側面にジェット孔の穴あけ

次に、同じく缶Aの側面にジェット孔を空けていきます。

穴の数は、小さくて多いほど火力が上がり、大きくて少ないほど低燃費になる傾向があります。

ただし穴の総面積が必要よりも少ない場合、火力が安定しなくなります。

今回は直径1.2㎜で16個の穴を空けて特に問題はありませんでした。

穴を開ける位置がちょっと大切で、側面のへこみの、やや外側に空けるようにします。

あまり上側(組み立てたときの)に近いと、内壁と触れて気化したアルコールが噴出しにくくなります。

これも必ずしもきれいに穴あけする必要はないのですが、目につく部分なのでちょっとこだわりたいですよね。

側面のへこみの高さに合う台を作って、ペンを固定し、缶を一周させると一直線のラインが引けます。

そのラインの長さを測って、長さを16等分し、等間隔でしるしを付けると、きれいに穴あけできます。

ちなみに缶の塗装はがしですが、削ることで薄くなってしまい、組み立てたときに裂ける原因にもなるので、私は柄が気になるときは組み立ててから削るようにしています。

④缶Bをつぼませる

次に、底側に来る缶Bの加工をしていきます。

缶Bは缶Aの内側に入り込むことになりますが、同じ径なので、そのままでははめ込むことができません。

ペンチなどを使って折り込むことで口径を小さくすれば、缶Aをはめ込みやすくなります。

あまりしっかり折り込むと、缶Aをはめ込んだ時に裂けて燃料漏れの原因にもなるので、あまり深く痕を付けないように注意します。

ちなみに缶Bについては塗装をはがす必要はありませんが、内壁が高すぎると、裾が少し出てしまうので、組み合わせたときにはみ出そうなところだけ削っておきます。

⑤内壁を作る

次は、ジェット孔へ気化したアルコールを送るための内壁を作っていきます。

缶A・Bをあまりに高く作っていなければ、①で切り出したあまりの缶から内壁の素材を切り出せます。

高さが足りないようなら、もう一つ適当なアルミ缶を用意して切り出しましょう。

切り出すときは、直線が出せればハサミでもOKです。

内壁は帰化室をある程度密閉できなければいけないので、高さがとても重要です。

組み立てたときに、どれぐらいの高さが必要になるかおおよそ計って切り出します。

内壁の高さが足りないとジェット孔から気化したアルコールが噴出しないので、いつまでたっても本燃焼に移行せず、コップにアルコールを入れて火を点けているのと同じになってしまいます。

多少缶Aと缶Bの差込が甘くなっても問題ないので、高さがはっきりわからないときは、数ミリ多めに見積もって切ることもあります。

ちなみに今回は3.6cmでした。

切り出したら、底側に来る辺に、アルコールが気化室側に流れるように、穴を開ける、もしくは切込みを入れてます。

これ忘れると火力が安定しなかったり、ジュブジュブうるさかったりします。

あまり深く切り込みを入れると、気化室から気化したアルコールが逆流してきてしまうので、1㎜程度で十分です。

⑥組み立て

加工はすべて終わったので、最後に缶A、缶B、内壁を組み立てます。

缶Bの底の溝に内壁をはめ込んで、缶Aを缶Bに押し込めばOKです。

もし内壁が開いてきて作業しにくい場合は、ホッチキスで止めるか、テープで内側を止めてあげると作業しやすいです。(テープは組み立てた後に取り除きます)

もし火力がほしい場合は、缶Bと内壁の間に、ほぐしたスチールウールを入れると、気化が促進されて高火力になります。

缶Aは、①で切り取ったあまりの缶に押し込んで、すこし押し広げておくとスムーズに入ります。

あまり無理に押し込むと裂ける原因になるため、平行にゆっくり押し込むようにします。

組み立てて、内壁がぐらぐらしていないようなら組み立て完了です。

内壁が動くようだと気密が取れていないので、残念ながら作り直した方がいいでしょう。

気になる場合は、この段階でやすりを使って塗装をはがします。

あまりこすりすぎると穴が開いてしまったり、裂けてしまったりするので、800番程度の紙やすりでやさしく丹念に磨いて塗装をはがします。

⑦アルコール漏れと安定性のチェック

組み立てあがったら、危険がないかチェックします。
できればタッパーやバットなどの容器の上で作業すると、万が一燃料漏れがあったときに安心です。

まずは平行な場所において、安定性をチェックします。
ぐらついていないか、本体が傾いていないかチェックします。
ぐらつきや傾きがあると、燃焼中に燃料が漏れたり噴き出す原因にもなるので要注意です。

問題なければ、アルコールを入れてみます。
缶B側に裂けなどがあると、この段階で漏れてきます。
アルコールを半分ぐらいまで入れて、少しアルコールストーブの側面を揉んで漏れがないか確認します。
燃料用アルコールを使う場合、皮膚や粘膜に付くと危険な場合もあるので、取り扱いにはくれぐれも注意しなければいけません。

⑧点火チェックして完成

問題がなければ、延焼する心配のない安全な場所で点火してチェックします。

燃料がジェット孔から噴き出す恐れがあるので、入れる燃料は多くてもアルコールストーブ内の半分程度に留めるのは厳守です。

点火するときは、アルコールが爆発的に燃え上がることがあるので、必ずチャッカマンなどある程度手とアルコールストーブに距離が確保できるもので点火します。
もちろん上からのぞき込んだりするのも厳禁です。

アルコール燃料の炎は非常に見えにくいので、できれば暗くできる場所で行った方が、火がどれだけ広がるか確認できるようになります。

問題なければ、着火から1~3分程度で本燃焼に入ります。
写真だと真っ赤に見えますが、本燃焼が安定すると青い炎になります。
鎮火までは作り方によって違いますが、今回のものだと7分ちょっと燃え続けました。

ジェット孔の間隔と穴のサイズにこだわって開けると、こんな感じに炎がきれいに出ます。
性能的な意味はないんですけどね。

アルスト自作Q&A

最後に、よくある質問に回答しておこうと思います。

もちろんそのものを見て判断していませんので、正確にはわからないので、少しでも危険が感じられたら回答に限らず使用を中止してくださいね。

炎がボッボッと安定しないのですが…

炎が一瞬強く燃え上がるのを繰り返す場合、ジェット孔が足りていない可能性があります。
気化したアルコールがスムーズに排出できていない可能性があるので、鎮火して冷めた後にジェット孔をすこし広げてあげましょう。

また、ジュブジュブと音がする場合、内壁に空けた副室へ燃料を通す穴や切れ込みが足りておらず、副室で燃料不足になっている可能性もあります。

火力を抑えるには?

火力を抑えたい場合も、ジェット孔をやや大きくするといいでしょう。
気化アルコールの噴出が弱くなるので、火柱が小さくなります。
なお火力は落ちるものの、燃費はさほど変わりません。

火力を上げるには?

使いにくくなるのでおすすめはしませんが、火力が足りない場合は、ジェット孔の径をしぼるといいでしょう。
気化アルコールが勢いよく噴出するので、火力が強くなります。
また、帰化室にスチールウールを入れることで、熱が伝わりやすくなり、気化アルコールがより多くなるため、火力が上がります。
もちろん事故にならない範囲で調整してあげてくださいね。

本燃焼前に火が消えてしまう(燃料が余っている)

本燃焼に行く前に火が消えてしまう場合は、アルコールストーブの高さがありすぎる可能性があります。
高さがあると壁にさえぎられて酸素が十分に回らないので、火が消えやすくなります。
使う前にアルコールストーブ本体を少し温めて気化しやすくしてから使うか、高さを考え直して作り直す方といいでしょう。

燃料が切れても本燃焼しない

燃料が燃え尽きても本燃焼に至らない場合、アルコールストーブの容量が少なすぎるか、内壁に不備がある可能性があります。
あまりに燃料を入れられる容量が少ないと、本体が温まって気化アルコールが発生する前に燃え尽きてしまうので、もう少し大きな缶で作るか、高さを出した方がいいでしょう。
内壁に不備があり気密が取れないと、気化アルコールがジェット孔から噴出しないので、本燃焼に入ることはありません。

缶の塗装は落とさなくてもいい?

缶の塗装については、できるだけ落としてあげたほうがいいです。
塗装の素材によっては、熱されたときに焦げてしまい、見た目が悪くなることもあるからです。
ペットボトルと同じようにはがせるタイプのボトル缶もあるので、はがすのが億劫ならそういったタイプもおすすめです。

穴の数はいくつが良い?

穴の数と大きさに関しては、正直一概に言えません。
私の場合は、基本は16個で1.2㎜径にしておけば、160m缶でも500ml缶でも不足したことはないです。
先程解説した通り、穴の数と大きさが足りていないと、火力が安定しないので、大きくする分にはいいですが、小さすぎる場合は広げてあげるようにしましょう。

最後に

今回はアルコールストーブの自作についてでした。

この記事のためにざっとおさらいしながら作りましたが、やっぱりモノ作りは面白いですね。

今回作ったことでまた新たな発見があったので、今後の制作でまた新しい挑戦をしてみようと思います。

簡単には作れますが、あくまでも危険な燃料を使う火器であることには変わりありません。

ド基礎の部分は当サイトでもフォローしていないので、アルコールストーブの使い方の基本や工作の基本をしっかり学んだうえで、安全に自作アルコールストーブづくりを楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました